HOME > よくあるご質問ページ
head_img_slim

1.ストレスチェック制度に関するご質問

Q1-1.ストレスチェック制度の概要を教えてください(*1)。

A.「ストレスチェックの実施」「医師による面接指導の実施」「集団分析の実施」が主なポイントになります。

ストレスチェックの実施
 従業員50人以上の事業場において1年ごとに1回、心理的な負担の程度を把握するためのストレスチェックを実施(従業員数50人未満の事業場は当分の間努力義務)。

面接指導の実施
・ストレスチェックの通知を受けた労働者のうち、高ストレス者として面接指導が必要と評価された労働者から申出があったときは、医師による面接指導を行う。
・事業者は面接指導の結果に基づき、医師の意見を聞いたうえで、必要があると認めるときは、作業の転換、労働時間の短縮、その他の適切な就業上の措置を講じる。

集団分析の実施
 職場の一定規模の集団(部、課等)ごとのストレス状況を分析し、その結果を踏まえて職場環境を改善する(努力義務)。


 なお、ストレスチェック制度に関する詳細なQ&Aにつきましては、こちら(*2)をご参照ください。

 

*1 出典:
吉野聡『早わかりストレスチェック制度』、ダイアモンド社、2015年、p.20(強調は引用者による)。
*2 リンク先:
厚生労働省ホームページ (ストレスチェック制度 Q&A)

 


Q1-2.ストレスチェック制度について社員に説明する資料等がありましたら、ご提供いただけるとありがたいです。

 はい、弊社で用意した資料がございますので、ご活用いただければと思います。
 以下のPDFの資料をご参照ください。

 ストレスチェック制度について.pdf
 ストレスチェック制度について(英語).pdf
 ストレスチェック制度について(インドネシア語).pdf

 

2.料金に関するご質問

Q2-1.年契約となっていますが、ストレスチェックは、年に何回行えるのでしょうか?チェックのたびに、追加料金が発生するということはありませんか?

A.らくらくストレスチェッカーでは、該当年の契約期間内であれば、何度でも行っていただけます。追加料金はいただきません。


Q2-2.料金の計算方法を教えてください。料金プランを見ましたが、よく分かりませんでした。

A.固定の年間基本料金が「30,000円」で、それに+αで、従業員数に応じた料金が加算されます(従業員数一人当たり、「200円」)。
例えば、従業員数10人の場合、以下の計算になります。
・基本料金+年間利用料金=30,000円+(200円×10)=32,000円[税別]

 ただ、複数の事業所をお持ちの場合、2事業所目以降の年間基本料金は、「10,000円」になります。

  (例)従業員100名で3事業所においてご利用の場合
    30,000(基本料金)+(10,000[2事業所目以降の基本料金]×2)+
    200(年間利用料金)×100=70,000円[税別]


Q2-3.従業員数50人未満の場合は、助成金があると聞きました。どのような制度なのでしょうか?

A.以下、労働者健康福祉機構のサイトより、説明文を転載いたします。詳細につきましては、労働者健康福祉機構ホームページをご参照ください。

「平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。(平成27年12月1日施行)
従業員数50人未満の事業場は、当分の間努力義務となりますが、この「『ストレスチェック』実施促進のための助成金」は、従業員数50人未満の事業場が合同で、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、また、ストレスチェック後の医師による面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができる制度です。」

引用元:
労働者健康福祉機構ホームページ

ストレスチェック後の面接指導などの産業医活動に対して、1回25,000円の補助がございます。以下をご参照ください。
「ストレスチェック」実施促進のための助成金のご案内


Q2-4.初期登録後に社員が増えました。料金はどうなりますか?

A.基本的に年契約ですが、前月からの増加分(前月追加社員数-前月削除社員数が1以上)は、月末に請求(1社員あたり200円[税別])させていただきます。


Q2-5.初期登録後に社員が辞めました。料金はどうなりますか?

A.社員IDは、ログイン後の画面で管理します。年契約ですので、途中の返金はいたしません。次年度更新時に新たな社員数での料金になります。


Q2-6.初期登録時に50人で契約しました。翌月に2人追加しました。翌々月に5人追加して、2人削除しました。この場合の料金はどうなりますか?

A.料金は以下のようになります。
なお、社員増加分の請求は月ごとに行いますので、月をまたいで料金を再計算することはありません。

初期登録時のご請求額:30,000(年間基本料金)+200(一人当たりの年間利用料金)×50(契約社員数)=40,000円[税別]
翌月のご請求額:200×2(翌月の増加社員数)=400円[税別]
翌々月のご請求:200×(5[翌々月の増加社員数]-2[翌々月の削除社員数])=600円[税別]


Q2-7.他社の類似システムと比べても激安だと思います。どうしてこんなに安いのでしょうか?

A.らくらくストレスチェッカーは、弊社が開発したWebプログラム作成ツール Web Miracleを使って作成しております。また、外注はせずに、完全に自社開発をしております。だからこそ、低コスト・高品質のシステムを実現できました。


Q2-8.小規模事業場について助成金を受けようと思っています。衛生委員会議事録や、労基署への報告などの書類の作成サポートなどはしてもらえますか?

A.誠に申し訳ありませんが、弊社製品を利用したストレスチェックサービスのサポートのみとなっており、助成金申請のためのサポートは行っておりません。


Q2-9.社内に複数の事業所がある場合は、どのように申込をすればよいですか?

A.労働基準監督署への報告が事業所単位となりますので、事業所ごとの申込が必要となります。
なお、2事業所目以降の年間基本料は割引が適用され、10,000円(税抜)となります。

  (例)従業員100名で3事業所においてご利用の場合
    30,000(基本料金)+(10,000[2事業所目以降の基本料金]×2)+
    200(年間利用料金)×100=70,000円[税別]


Q2-10.IT導入補助金を利用することは可能でしょうか?

A.ご安心ください。弊社の「らくらくストレスチェッカー」は、IT導入支援事業者として採択されております
IT導入補助金では、対象となるITツールを導入した際に導入費用と運用費用(1年分)が最大で50万円まで補助されます。
条件は、以下のようになっております。御社が補助の対象になるかどうかは、お気軽にご相談ください。

・補助金額:上限50万円、下限15万円
・補助率 :1/2以下
※その他、交付対象者は補助金の交付対象規定に則る


上述の条件に従い、「らくらくストレスチェッカー」の場合、年間30万円以上のご契約者が対象になります。
その他の細かいスケジュールや規定につきましては、以下をご覧ください。

事業概要・スケジュール
リーフレット
交付規定

 

3.システムに関するご質問

Q3-1.体験版やデモ版はありませんか?

A.お申し込み後の最初の2週間は、試用期間となっております。その間、無料でご活用いただけますので、導入をご検討ください。

icon


Q3-2.担当医は何人まで登録できますか?

A.3人まで登録できます。


Q3-3.ストレスチェックやストレスプロフィールは多言語対応とありますが、何語に対応しているのでしょうか?

A.現在は、英語、中国語、ベトナム語、インドネシア語、スペイン語に対応しております。


Q3-4.社員登録をまとめて行うことはできるでしょうか?

A.はい。CSVやExcelからまとめてデータを取り込むことができます。


Q3-5.サービス時間に制限はありますか?らくらくストレスチェッカーを使えない時間帯はあるのでしょうか?

A.原則、年中無休で24時間サービス稼動しております。ただ、サーバーメンテナンスなどで一時的にご利用いただけない時間帯が生まれることはあります。


Q3-6.辞めた社員のアクセスはどうやって止めたらよいのですか?

A.ログイン後の管理画面で該当の社員を削除していただければ、以後ログインできなくなります。削除した社員IDのデータは5年間保持されますが、5年経過後に完全に削除されます。


Q3-7.受検者に対してストレスチェックの設問や受検結果はどのように表示されるのでしょうか?


Q3-8.実施者(担当医)は受検結果をどのように見ることができるのでしょうか?

A.らくらくストレスチェッカーには実施者専用の画面がございますので、そこからご確認いただけます。
実施者に提供されている画面は、高ストレス者を表示し面接の要・不要を決定する「高ストレス者検索」画面、面接希望者との面談結果を登録する「面接結果登録」画面、「面接結果検索」画面の3つとなります。

実施者メニュー画面


Q3-9.高ストレス者以外も面接結果を管理できますか?

A.申し訳ございません。
らくらくストレスチェッカーで管理可能な面接結果は高ストレス者のみです。

Q3-10.高ストレス者が面接を受けるにあたって設定することはありますか?

A.以下の流れで設定をお願いいたします。

1.実施事務者が面接日時を登録する。
「面接日の登録と修正」画面で面接日時を登録します。

2.高ストレス者が面接可能日時を選択する。
「受検者ログイン」画面の「面接予約」ボタンから面接可能な日時を選択します。 なお、「面接予約」ボタンが表示されるのは高ストレス者と判定された受検者のみです。

面接予約画面


Q3-11.受検者ログイン画面の「モード」が試行モードとなり受検結果が保存されません。

A.以下のことを確認してください。

1.本年の「ストレスチェック実施設定」が登録されているか?
本年の「ストレスチェック実施設定」が未登録の場合は試行モードとなります。
この場合、実施事務者のメインメニュー上に赤字でメッセージが表示されます。

2.「ストレスチェック実施設定」の登録が「体験モード」となっていないか?
本年の「ストレスチェック実施設定」の登録が「体験モード」の場合は試行モードとなります。
この場合、実施事務者のメインメニュー上に赤字でメッセージが表示されます。

3.受検者ログイン画面よりログインした月が「ストレスチェック実施設定」の実施月より前か?
本年の「ストレスチェック実施設定」が登録されている場合でも、実施月より前の場合は、試行モードとなります。
実施月以降に再度ストレスチェックを受検してください。

4.本年のストレスチェック受検が済んでいないか?
ストレスチェック受検結果の保存は、毎年実施月以降に受検した最初の結果のみです。 それ以降の受検結果は保存されません。


 

4.多言語に関するご質問

Q4-1.多言語対応とありますが、何語に対応していますか?

A.現在は、英語、中国語、ベトナム語、インドネシア語、スペイン語、ポルトガル語に対応しております。


Q4-2.多言語でどのように表示されるかサンプルはありますか?


Q4-3.ストレスチェック制度の説明資料も多言語に対応していますか?

 はい、英語とインドネシア語に関しては、弊社で用意した資料がございますので、ご活用いただければと思います。
 以下のPDFの資料をご参照ください。

 ストレスチェック制度について.pdf
 ストレスチェック制度について(英語).pdf
 ストレスチェック制度について(インドネシア語).pdf


 

5.データに関するご質問

Q5-1.データの保存期間は何年ですか?保存期間経過後のデータはどうなりますか?

A.ストレスチェックの履歴や削除した社員データにつきましては、5年間保持されますが、5年経過後は削除されます。


Q5-2.自社内のデータベースと連携することはできるでしょうか?

A.セキュリティ上の観点から、自社内等、他のデータベースとの連携を行うことはできません。


Q5-3.ストレスチェックのデータについては、5年間の保管義務がありますが、途中解約の場合はどうなりますか?

A.機密保持やプライバシーの観点から、データのダウンロード等を行うことはできません。途中解約の場合も、データは完全に削除されます。


Q5-4.ストレスチェックの未受検者に対する通知はどのようにしたよいですか?

A.実施事務者は、未受検者の一覧から、一括してメール送信を行うことができます。


Q5-5.当社には100人以上の社員がおりますが、社員登録は1件ずつ行う必要がありますか?

A.社員様や部署登録につきましては、CSVファイルで一括してご登録いただけます。ご安心ください。


Q5-6.従業員は、自分のストレスチェックの結果を後から閲覧できますか?

A.はい、従業員様は、直前(実施年度)のストレスチェックの結果につきましては、何度でもご確認いただけます。


 

6.セキュリティに関するご質問

Q6-1.実務実施者は、システム管理者になると思います。ただ、機密保持とプライバシーの観点から、従業員のストレスチェックの結果を見ることはできないはずです。この点については、どのような対策がされていますか?

A.実務実施者は、従業員が同意しない限り、従業員の各質問項目に対する回答は見れないようになっております。ただ、高ストレス者については、メールで連絡する作業等が必要になりますので、高ストレス者であるということだけは分かるようになっております。これに対して、実施者(担当医)は、従業員の各質問項目に対する回答も見ることができます。
 また、らくらくストレスチェッカーでは、紙による質問票の配布等のサービスは行っておりませんが、その理由は、紙で実施した場合、情報の秘匿性という点から問題があると考えているからになります。


 

7.契約に関するご質問

Q7-1.年契約だと思いますが、契約の更新はどうしたらよいですか?初期登録とはどう違うのでしょうか?

A.契約後2年目以降は、ログイン後に「ストレスチェック実施設定」を行った場合、自動的に契約更新となります。
また、契約更新後は、2週間以内に料金のお支払いをお願いしております。
料金のお支払いが完了するまでの間、ストレスチェックの受検はできますが、労働基準監督署への報告書は印字できないようになっております。
なお、契約更新から2週間経過時点で、料金のお支払いが完了していない場合、ログインができなくなることがあります。


Q7-2.契約の更新をしない場合はどうなるのか?これまでの受検結果などのデータは削除されるのか?

A.契約更新しない場合も、5年間はデータを保存します。
また、ストレスチェックの過去の履歴検索・閲覧や、試行モードによるストレスチェックの受検はできます。
ただ、受検結果の保存や新たな労働基準監督署への報告書の印字はできないようになっております。


Q7-3.契約を解除したいのですが。

A.解約希望日の2週間前までに、メールかお電話(03-5159-8787)にてご連絡ください。なお、解約後も、5年間はデータを保管します。


Q7-4.一度、解約したが、もう一度、契約したい。前回と同じIDやデータは使えますか?

A.解約後、5年以内であれば、同じIDで再開することはできます。メールかお電話(03-5159-8787)にてご連絡ください。
ただ、過去のストレスチェックの履歴データにつきましては、過去5年間のデータになります。


 

8.利用環境に関するご質問

Q8-1.海外出張中でも使えますか?

A.もちろんです。クラウド対応ですので、海外からでもご利用いただけます。


Q8-2.Macでも使えますか?

A.はい。Webシステムですので、ブラウザを表示することができれば、端末のOSに関係なくお使いいただけます。


Q8-3.らくらくストレスチェッカーのインストール版はありますか?

A.いいえ。インストール版はございません。クラウド版でご利用ください。


Q8-4.ガラケーには対応していないのでしょうか?

A.フィーチャーフォン(ガラケー)には対応しておりません。PC、スマホ、タブレット端末に対応しておりますので、そちらをご利用ください。


Q8-5.対応しているブラウザについて教えてください。

A.「らくらくストレスチェッカー」の全ての画面において、以下のブラウザで動作を確認しております。
なお、Internet Explore 10以前のブラウザではご利用いただけません。

・Internet Explore 11
・Microsoft Edge
・最新版のGoogle Chrome
・最新版のFirefox
・最新版のSafari
・Android 標準ブラウザ(ストレスチェック受検のみ)


Q8-6.ストレスチェックの受検はスマートフォンから行えるとのことですが、実施事務者や実施者の画面もスマートフォンに対応していますか?

A.申し訳ございません実施事務者画面と実施者画面はスマートフォンに対応しておりません。
パソコンまたはタブレットからご利用ください。

 

9.運用に関するご質問

Q9-1.実施事務者の運用開始まで流れについて教えてください。

A.らくらくストレスチェッカーをご利用いただくにあたり、まずはご契約情報の登録が必要となります。
詳細は「ご契約の流れ」をクリックして参照ください。
契約後、受検までに必要な部署や受検者等の登録についての詳細は、「初期登録の流れ」をクリックして参照ください。


Q9-2.従業員の受検が終了しました。そのあとはどうすればよいですか? 

A.以下の手順で進めてください。
1.実施者が「高ストレス者の表示」画面に表示される点数や「詳細」ボタンから表示されるストレスチェック回答内容から要面接者を決定します。

・高ストレス者の表示画面
・高ストレス者の表示詳細画面
2.実施事務者が「面接日の登録と修正」画面より面接日時の登録を行います。

・面接日の登録と修正画面
  また、要面接者に対して実施者との面接を受けるように連絡を行います。
  なお、要面接者が実施者との面接を受けるかどうかは任意となります。

3.要面接者のうち実施者との面接を希望する従業員は受検者ログイン画面の「面接予約」ボタンから表示される「面接予約」画面にて、上記2で登録された日時から面接希望日時を選択します。

・受検者ログイン画面
・面接予約画面
4.実施者と面接を希望する要面接者との面接を行います。

5.実施者が「面接指導結果の登録および修正」画面より面接指導結果を登録します。

・面接指導結果の登録および修正画面
6.実施者事務者が「部署別分析」より集団分析を行います。(現在は任意)

・部署別分析画面
7.実施事務者が労働基準監督署への報告書を「労基署提出報告書印字」画面より印字し、労働基準監督署へ提出します。
労働基準監督署報告書印字例


 

10.その他よくあるご質問

Q10-1.紙でのストレスチェックには対応していないのでしょうか?

A.申し訳ございません、らくらくストレスチェッカーは、クラウドのサービスになります。紙によるストレスチェックは、情報の秘匿性という点で問題があると考えておりますので、紙での対応は行っておりません。


Q10-2.産業医派遣のサービスは行っていないのでしょうか?

A.申し訳ございません、産業医派遣のサービスは行っておりません。
既に産業医がいらっしゃる場合は、産業医の方が実施者になることができます。
また、看護師や精神保健福祉士の方の場合は、研修を受講することで実施者になることができます。ご参考までにURLを貼付いたします。

看護師・精神保健福祉士のためのストレスチェック実施者養成研修: http://www.jisha.or.jp/seminar/health/h3440_kango.html

また、医師の場合、ストレスチェック実施者研修を必ず受講しなければならないというわけではありませんが、各都道府県の産業保健総合支援センターで無料の研修が実施されています。

東京産業保健総合支援センター: https://www.tokyos.johas.go.jp/seminar/list.php


Q10-3.質問票の内容をカスタマイズすることはできるでしょうか?

A.申し訳ございません。質問票につきましては、厚生労働省の職業性ストレス簡易調査票を使用しており、カスタマイズ等はできないようになっております。ただ、多言語に対応をしていることが、らくらくストレスチェッカーの特徴になります。


お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号03-5159-8787 icon FAX03-5159-8770
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


 

お申込みはコチラへ!


ページトップに戻る


トップへ戻る